この前、小学校の授業参観に行ってきました。社会の授業で、子どもたちは班ごとに分かれて机を向かい合わせにして座っていました。話し合うためにおしゃべりをしていましたが、それに輪をかけるように、後ろでみているお母さんたちのおしゃべりもヒートアップしていました。クラス替えをして初めての授業参観だったこともあるかもしれませんが、〇〇ちゃんは何組、何先生とか、これからの行事のスケジュールの話や、単なるうわさ話など、ずっとしゃべり続けていました。にぎやかな感じは楽しくて好きなのですが、もう少し場所をわきまえてほしいものだなあと思いました。例えば、話したい人は廊下でしゃべる、静かに参観したい人は教室に入るなど、分けてみたらいいのではないでしょうか。先生も子どもたちに注意することはできますが、お母さんたちに私語をやめるように注意することはできないでしょう。せっかくの授業参観なので、自分の子どもの様子をみたり、授業をきちんと聞いたりすればいいのに。と残念に思いました。

今から二十年以上前の事ですが、私は公立高校を卒業して上京し小規模な金融機関に就職しました。当時、都内に支店が十数店舗あったその会社は北海道・東北を中心に毎年百名近い新入社員を採用していました。女子寮が2カ所あり、私もそのうちの1カ所に入りそこから配属先に通いました。
通勤方法から日常の勤務内容・システム等々、日々勉強でしたが、仕事の出来る先輩の腕にきらびやかに光る高級腕時計に憧れ「私もいつかあんなステキな時計を身につけてテキパキと仕事がしたい。」と思っていました。
入社して一年、初めて一人前に貰ったボーナスの使い道を考えた時、真っ先に腕時計を買おうと思いました。社会人になって初めてのお給料はやはり両親に何か買ってあげたかったので、大した金額ではなかったけれどあれこれ考えてそれぞれが喜ぶ物を送ったのですが、ボーナスはそれまで自分が頑張ったご褒美にしたかったのです。幸い取引先に時計・貴金属を取り扱う会社さんがあり相談させていただいたら、市販価格より大幅に値引きして頂いた金額でそこそこの物を買うことが出来ました。デザインはシンプルで長く使えそうなもの・色はゴールドです。実はこの時計、なんとなくもったいなくて長く身につけることが出来ずにいましたが子育てが一段落した頃息子に「母さん、こういうのは身につけて使って初めて価値があるんだよ。」と言われました。
今はなくてはならない私のパートナーです。結婚相談所 比較